株式投資で利益を得る方法と始める際に注意すべき事

今や普通のサラリーマンやOL、主婦といった人でも株式投資を行っている人は特に珍しい存在ではないです。周りでも株式投資を行っている人が存在するだけに、自分も始めてみようと考える人も増えています。というのも株式投資は上手に行う事で、利益を得る事が可能です。しかも大きく分けて利益を得る方法が、3つも存在している点も魅力的だと言えます。
株式投資で利益を得る方法として、多くの人が最初に思い浮かべるのが売買です。具体的には狙った銘柄が安値を付けた際に買い注文を出して購入し、予想通りその株価が高騰した後に売り注文を出して売却する事で利益を得る事が出来ます。銘柄によっては、かなり激しく値動きするモノも存在するのです。なのでそういった銘柄を上手に売買する事が出来れば、短期間で一気に大きな利益を得る事も出来ます。逆に少額でもコツコツ利益を稼いで、結果的に大きな収益を得るといったやり方も実行可能です。
もっとも株式投資は、売買以外の方法でも利益を得る事が出来ます。利益を得ている会社の中には、儲けを株主に還元するという目的で配当金を出す所も存在するのです。配当金は決められた期日に株式を所有している事で、受け取る権利を得る事が出来ます。しかも株数に応じて支払われるので、多くの株式を所有していればそれなりの金額を受け取る事が可能です。ただ所有しているだけで、お金を受け取れる点は魅力的だったりします。
同様に決められた期日に株式を所有しているだけで、銘柄によっては株主優待を受ける権利を得る事も可能です。株主優待とは会社側が株主に対し、お礼としてプレゼントを渡すという制度だったりします。具体的にはその会社の商品だったり、その会社のサービスに使用可能な割引券等、様々なプレゼントが存在するのです。しかも会社によっては、かなりお得感のあるプレゼントを用意している所もあります。なので売買ではなく株主優待を目的に、その会社の株式を購入する人もいたりするのです。
この様に株式投資は、銘柄を売買する以外にもただ所有しているだけで利益を得る事も出来ます。ただし株式投資を始める際には、注意しべき点が幾つかあるのです。特に注意が必要なのは、口座を開く際に証券会社を慎重に選ぶ必要がある事だったりします。というのも選ぶ証券会社によって、手数料にかなりの差があったりするのです。手数料は銘柄を売買する際に掛かるので、高い証券会社を選んでしまうとそれだけ手数料による無駄な出費が大きくなります。だからこそ出来るだけ、手数料が低い証券会社を選ぶべきです。
更に証券口座には3つの種類がありますが、初心者はまず源泉徴収ありの特定口座を選ぶ事をおすすめします。源泉徴収ありの特定口座だと、証券会社が損益を計算し利益から税金を予め徴収して納めてくれるのです。税金の計算や納付の手間を省いてくれるので、安心して株式投資を行う事が出来ます。逆に一般口座は自分で計算した上で確定申告しなければならないので、投資初心者には敷居が高めです。